育苗容器および土壌水分管理の違いがモモ1年生苗木の生育および定植後の収量に及ぼす影響

育苗容器および土壌水分管理の違いがモモ1年生苗木の生育および定植後の収量に及ぼす影響

レコードナンバー732090論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名柴山 勝利
赤阪 信二
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ5巻・ 4号, p.375-379(2006-12)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (431KB) 
抄録モモの大苗育成を目的とし、育苗容器および土壌水分管理の違いが1年生苗木の生育ならびに定植後の収量に及ぼす影響について検討した。1)土壌水分管理が同一であれば苗木の生育は、不織布ポット(側面:透水性遮根型不織布、底面:貫根型不織布)がプラスチックポットより優れた。2)不織布ポットを使用すれば、無かん水条件でもプラスチックポットのかん水条件(pF2.6に達した時点で20mmの自動かん水)と同等の苗木育成が可能であった。3)不織布ポットのかん水条件で育成した苗木の1樹当たり収量は、定植当年に約5kg、定植2年目には約9kgであったのに対し、プラスチックポットのかん水条件では、定植当年に約2kg、定植2年目には約3kgであった。以上の結果から、不織布ポットの使用により、定植当年から収穫可能な苗木を省力的に育成できることが明らかとなった。
索引語ポット;苗木;育成;条件;土壌水分;管理;生育;収量;プラスチック;育苗
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat