ハカタユリ(Lilium brownii var.colchesteri)の開花調節

ハカタユリ(Lilium brownii var.colchesteri)の開花調節

レコードナンバー732188論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002773NACSIS書誌IDAA11577672
著者名土谷 英真
大久保 敬
比良松 道一
金 鐘和
書誌名九州大学大学院農学研究院学芸雑誌
別誌名Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University
発行元九州大学大学院農学研究院
巻号,ページ61巻・ 2号, p.165-170(2006-10)ISSN13470159
全文表示PDFファイル (515KB) 
抄録ハカタユリは開花にテッポウユリと同じ6週間以上の低温(5-8℃)を必要とし、8週間あれば十分な促成効果が期待できる。開花までに必要な積算温度は約1400℃で、テッポウユリの70-80%である。すなわち、十分な低温に遭遇していれば、同一栽培温度条件下ではハカタユリのほうがテッポウユリよりも早く開花する。一方、球根は-2℃で長期間貯蔵でき、植え付け後開花までの積算温度も貯蔵中の萌芽を考慮すれば、同じ考え方で対処できる。この数値をもとに計画的な促成、抑制両栽培栽培が可能である。
索引語開花;栽培;低温;促成;積算温度;貯蔵;調節;効果;温度;条件
引用文献数16
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat