Salmonella Enteritidis(SE)不活化ワクチン接種母鶏由来ひなにおけるCE製品のSE増殖抑制効果

Salmonella Enteritidis(SE)不活化ワクチン接種母鶏由来ひなにおけるCE製品のSE増殖抑制効果

レコードナンバー732232論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
著者名村野 多可子
青木 ふき乃
松本 友紀子
石原 克己
椎名 幸一
並木 一男
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ42巻・ 2号, p.80-85(2006-08)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (418KB) 
抄録市販Salmonella Eneriidis(SE)不活化油性アジュバントワクチン(SEOEV)およびSE不活化アルミニウムゲルアジュバントワクチン(SEKV)接種母鶏由来ひなにCE製品を給与した後、5時間、24時間、48時間に、それらひな群にSE攻撃試験を実施した。対照として、CE製品を給与しないワクチン母鶏由来ひな群、ワクチン無接種由来ひな群にCE製品を給与した群、給与しない群の計4群を設け、これらの群にもSE攻撃を実施した。SEワクチン接種母鶏由来ひな群では盲腸におけるSEの増殖抑制効果はみられたが、SE分離菌数は攻撃菌数を上回り、実用的な意義は低いと思われた。肝臓からのSE分離菌数は接種したワクチンのアジュバントにより異なり、SEOEV接種母鶏由来ひな群で無接種母鶏由来ひな群より低い値を示したが、SEKV接種母鶏由来ひな群で差はみられなかった。CE製品の効果は投与後の経過時間によって大きく異なった。盲腸における定着抑制および増殖抑制効果は、投与後5時間ではみられなかったが、投与後24時間以降では明らかに良好な成績を示した。また、肝臓からのSE分離菌数も同様の傾向を示した。SEワクチン接種母鶏由来ひな群にCE製品を給与すると、給与後24時間では残りの4群と比べ、盲腸における顕著な定着抑制および増殖抑制効果を示したが、48時間ではワクチン無接種由来ひなにCE製品を給与した群と差がみられなかった。また、肝臓からのSE分離菌数も同様の傾向を示した。これらの成績から母鶏へのワクチン接種により、CE製品給与ひなにおけるSEの増殖抑制効果の増強は、CE製品給与後24時間程度に過ぎないと思われた。
索引語ひな;接種;ワクチン;抑制;効果;増殖;分離;定着;SE;由来
引用文献数16
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat