水田土壌の機能と微生物群集構造

水田土壌の機能と微生物群集構造

レコードナンバー732443論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016779NACSIS書誌IDAN00352796
著者名浅川 晋
書誌名土と微生物
別誌名Soil microorganisms
発行元土壌微生物研究会
巻号,ページ60巻・ 2号, p.79-84(2006-10)ISSN09122184
全文表示PDFファイル (516KB) 
抄録水田の最も重要な機能と役割は水稲の生産である。水稲生産を支える様々な水田土壌の働きの中で、土壌微生物の活動が重要な役割を果たしている場面は少なくない。その中で、最も重要な無機養分である窒素の代謝と、有機物分解に関わる嫌気的な物質代謝であるメタン生成を取り上げ、それぞれの代謝や反応に関わる微生物群集についてこれまでの研究と残された問題点を整理した。地力窒素発現の鍵となるプロテアーゼ生産(タンパク分解)、アンモニア酸化、メタン生成を担う主要な微生物群集が明らかにされており、それぞれBacillus属細菌、Nitrosospiraおよび3目と未分類のメタン生成古細菌群(Methanobacteriales、Methanosarcinales、Methanomicrobiales、Rice cluser I)であった。一方、亜硝酸酸化、脱窒、メタン生成共生系では、反応に関わる鍵微生物群や相互作用について不明な点が多く残されており、今後さらに研究が必要である。
索引語微生物;メタン;群集;生産;生成;水田土壌;機能;水稲;窒素;代謝
引用文献数66
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat