飼料用トウモロコシ畑におけるヒルガオの生育特性の解明並びに防除に関する研究

飼料用トウモロコシ畑におけるヒルガオの生育特性の解明並びに防除に関する研究

レコードナンバー732471論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010231NACSIS書誌IDAA11655277
著者名伏見 昭秀
書誌名東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region
別誌名Bulletin of Tohoku Agricultural Research Center
Bulletin of the Tohoku Agricultural Research Center
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Tohoku Reg.
東北農研研報
独立行政法人農業技術研究機構東北農業研究センター研究報告
発行元東北農業研究センター
巻号,ページ106号, p.27-81(2006-11)ISSN13473379
全文表示PDFファイル (5595KB) 
抄録わが国の飼料用トウモロコシ畑に近年蔓延が報告された多年生雑草ヒルガオ(Calystegia japonica Choisy)を取り上げ,その栄養繁殖器官である根茎について生態的弱点を実験的・理論的に明らかにし,秋耕による防除の試案を提示した。秋耕によるヒルガオの機械的防除と慣行の除草剤による化学的防除の組み合わせを検討した。根茎が地表面付近に存在する10月中旬を含めた10月2回の秋耕あるいは10月,11月の2回の秋耕および飼料用トウモロコシ播種時の慣行のアトラジン・メトラクロール剤の土壌処理で翌年の飼料用トウモロコシ栽培では収量への影響はほとんどなくなり,ヒルガオはほぼ根絶できることが明らかになった。秋耕は要防除期間中のヒルガオの個体サイズを小さくする一方,発生数を増加させるが,この個体サイズと数のトレードオフはヒルガオの適応度を小さくし,生育制御の方向へのみ働くことをSmith and Fretwellモデルで検証した。
索引語飼料;トウモロコシ;畑;生育;特性;防除;研究;マルチ;栽培;雑草
引用文献数145
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat