放牧中にみられた高度の腹水貯留と腎不全を示した繁殖和牛の一例

放牧中にみられた高度の腹水貯留と腎不全を示した繁殖和牛の一例

レコードナンバー732521論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020638NACSIS書誌IDAA1163152X
著者名池田 浩希
長縄 直樹
安藤 貴朗
ほか4名
書誌名日本家畜臨床学会誌 = Japanese journal of large animal clinics
別誌名Japanese journal of veterinary clinics
東北家畜臨床研究会誌
発行元日本家畜臨床学会
巻号,ページ29巻・ 1号, p.20-24(2006-06)ISSN13468464
全文表示PDFファイル (911KB) 
抄録妊娠6ヵ月の黒毛和種牛(5歳)が、放牧場で腹痛と沈うつの症状を呈して衰弱していたとの稟告で来院した。初診時に著しい腹部膨満が認められたため超音波検査を行ったところ、腹水の貯留と腫瘍状組織の増生が認められた。血液および腹水検査では尿素窒素とクレアチニンの高値が認められた。腫瘍または膀胱破裂を疑い、診断的開腹により大量の腹水を確認したが、腹腔内の内視鏡検査では腫瘍状組織は認められなかった。膀胱の内視鏡検査では、尿中に浮遊物と膀胱粘膜の一部に糜爛が認められた。これらの検査結果から、放牧場にて何らかの腎毒性を有する植物を採食した事によるネフローゼ、尿毒症を疑って治療を試みた。持続点滴、抗生物質の全身投与、膀胱内への薬液注入、腹水の除去などを行ったが症状は改善せず、第11病日に死亡した。剖検では、腎皮質の出血および弓状動脈への血栓形成による多発性梗塞と、腎リンパ節の著しい腫大が認められた。本症例で見られた腹水は尿成分が主体となっていたことから、腎梗塞部からの尿の漏出が原因であると考えられた。しかし、腎臓の梗塞を起こした血栓の成因は明らかにできなかった。
索引語放牧;繁殖;和牛;妊娠;症状;音波;検査;腫瘍;組織;血液
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat