顆粒膜細胞腫に罹患した黒毛和種牛2例の内分泌学的検索

顆粒膜細胞腫に罹患した黒毛和種牛2例の内分泌学的検索

レコードナンバー732580論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名猪熊 道仁
大澤 健司
原 茂雄
ほか5名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ59巻・ 11号, p.746-749(2006-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (573KB) 
抄録穎粒膜細胞腫に罹患した黒毛和種牛2例(症例A:12歳9産および症例B:4歳2産)を内分泌学的に検索した。症例Aは罹患卵巣摘出の213日前から170日前までと9日前から摘出後10日まで、症例Bは罹患卵巣摘出の85日前から摘出後2日まで連日頸静脈より採血し、血漿中エストラジオール17-β、プロジェステロン、テストステロン、インヒビンおよび卵胞刺激ホルモン(FSH)濃度をラジオイムノアッセイにより測定した。両症例とも採血期間を通して明瞭な発情徴候や異常な性行動は観察されなかった。両症例においてインヒビン濃度は高値で推移した後、罹患卵巣摘出後に急減した。いっぽう、FSH濃度は罹患卵巣摘出後に上昇した。以上の結果から、本症のインヒビンには生物活性があり、血中インヒビン濃度の上昇が本症の診断に有用な所見になることが示唆された。
索引語細胞;内分泌;検索;卵巣;静脈;血漿;テストステロン;卵胞;刺激;ホルモン
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat