伊勢湾におけるハタタテヌメリRepomucenus valencienneiの個体群動態

伊勢湾におけるハタタテヌメリRepomucenus valencienneiの個体群動態

レコードナンバー732659論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名成田 光好
関口 秀夫
Ganmanee M.
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ72巻・ 5号, p.860-872(2006-09)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (1353KB) 
抄録約10年間のメガベントス調査試料に基づいて、伊勢湾の優占種であるハタタテヌメリの個体数、生物量の季節・年変動および個体数の時空間分布、稚魚の底生個体群への加入時期を調べた。多くの個体が貧酸素水塊を回避、あるいはそれによって死亡することにより、個体数と生物量は夏季に減少し、秋季から翌年の春季には、回避群の復帰と秋季から冬季に湾奥から湾中央部の水域に着底した新規加入群によって再び増加した。
索引語個体群;動態;ベントス;調査;優占種;個体;季節;年;変動;空間
引用文献数31
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat