真骨魚類9種の卵巣と脳におけるアロマターゼ活性の比較

真骨魚類9種の卵巣と脳におけるアロマターゼ活性の比較

レコードナンバー732673論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名佐々木 俊博
朝比奈 潔
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ72巻・ 6号, p.1077-1081(2006-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (386KB) 
抄録アンドロゲンをエストロゲンに転換する酵素であるP450アロマターゼの活性を卵黄形成期の真骨魚類9種の卵巣と脳で比較した。組織のcell free homogenaeを調製し、[1β-3H]androstenedioneを基質としてincubateし、遊離したトリチウム水のカウントから活性を求めた。卵巣ではアゴハゼ、シロウオ、マハゼ、ニジマスで高い活性が得られ、ギンザケがそれに次ぎ、クサフグ、アミメハギ、イソギンポ、メダカで弱かった。脳では魚種間で大きな違いは認められなかった。また、活性は前5者で卵巣の方が高く、後4者で脳の方が高かった。
索引語骨;魚類;種;卵巣;脳;活性;エストロゲン;酵素;卵黄;形成
引用文献数15
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat