二種類のカキ栽培法における葉上の病害虫探索作業の比較

二種類のカキ栽培法における葉上の病害虫探索作業の比較

レコードナンバー732762論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名米田 健一
井上 雅央
植木 勧嗣
ほか3名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ31巻・ 4号, p.390-396(2006-11)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (1103KB) 
抄録農薬散布による病害虫防除を効率的に行うためには、病害虫の発生状況を的確に把握することが重要である。そこで、病害虫探索作業に適した栽培条件を検討するため、作業性の向上により大きく重点を置いたカキの低面ネット栽培法と従来の立木栽培法において、モデル検証試験により探索作業性を比較調査した。試験区内の約3000葉中20葉の葉裏に丸形ラベルを貼付して探索目標とし、5名の被験者が探索作業を行った。その結果、枝を自由に動かせることおよび低樹高であることが効率的に病害虫探索作業を行うために重要であることが明らかとなった。また、それぞれの被験者が高齢視野再現ゴーグルを装着した場合において調査を行った結果、視野が狭くなる高齢者においては、枝葉がフレーム内に誘引されていて位置関係を把握しやすく、直線的な作業道が確保されている低面ネット栽培法のほうが効率的に探索作業を行えることが示唆された。
索引語カキ;栽培;葉;探索;作業;農薬;散布;防除;発生;条件
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat