オーチャードグラス新品種「はるねみどり」の育成とその特性

オーチャードグラス新品種「はるねみどり」の育成とその特性

レコードナンバー732973論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004489NACSIS書誌IDAA11611599
著者名眞田 康治
高井 智之
中山 貞夫
山田 敏彦
水野 和彦
大同 久明
田村 健一
書誌名北海道農業研究センター研究報告 = Research bulletin of the National Agricultural Research Center for Hokkaido Region
別誌名Research bulletin of the NARO Hokkaido Agricultural Research Center
Res. Bull. Natl. Agric. Res. Cent. for Hokkaido Reg
北海道農研研報
発行元北海道農業研究センター
巻号,ページ185号, p.13-31(2006-11)ISSN13478117
全文表示PDFファイル (1716KB) 
抄録オーチャードグラス新品種「はるねみどり」は,独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構北海道農業研究センター作物開発部イネ科牧草育種研究室で育成された。「はるねみどり」は,2005年9月にオーチャードグラス農林合10号として命名登録され,同年に北海道優良品種として採用された。「はるねみどり」は5栄養系より成る合成品種で,3栄養系は「北育50号」に,各1栄養系は「北育45号」および「フロンティア」に由来している。「はるねみどり」の特性は,以下のとおりである。1. 出穂始めは,「ワセミドリ」より全場所平均で1日遅く,“早生”に属する。2. 収量性は「ワセミドリ」と同程度かやや優れる。1番草収量は「ワセミドリ」よりやや優れ,4番草収量は「ワセミドリ」より優れる。3年目収量は「ワセミドリ」より優れ,3年目の収量の低下は小さい。3. 越冬性は「ワセミドリ」よりやや優れ,早春の草勢は優れる。耐寒性は“やや強”,耐病性(雪腐大粒菌核病および雪腐黒色小粒菌核病)は“強”で「ワセミドリ」より優れる。秋季は急速に耐凍性が高まる。4. 多回刈での収量は「ワセミドリ」と同程度である。5. すじ葉枯病罹病程度は「ワセミドリ」と同程度である。黒さび病罹病程度は「ワセミドリ」より高い。6. マメ科率(アカクローバ)は年平均約20%を維持し,混播適性は「ワセミドリ」と同程度である。7. 放牧特性検定における利用率は同程度で,放牧適性は「ワセミドリ」と同程度である。8. 飼料品質,採種性は「ワセミドリ」と同程度である。9. 草型は直立型で,出穂期の草丈は「ワセミドリ」よりやや低い。
索引語オーチャードグラス;新品種;育成;特性;行政;法人;農業;生物;産業;技術
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat