げっ歯類における卵細胞質内精子注入法(ICSI)を介した外来遺伝子導入

げっ歯類における卵細胞質内精子注入法(ICSI)を介した外来遺伝子導入

レコードナンバー733005論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名平林 真澄
加藤 めぐみ
保地 眞一
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ23巻・ 3号, p.86-90(2006-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (402KB) 
抄録外来遺伝子をゲノムに運ぶベクターとして精子を利用する方法のうち、ICSlを介したトランスジェニック動物の作製法について紹介する。あらかじめ精子頭部を遺伝子溶液と1分間培養してからICSIするだけで前核注入法と同等かそれ以上の効率でトランスジェニック動物が作製できるこの方法は、マウスとラットの間では至適な遺伝子濃度に差はあるが、前核期受精卵の調製が容易ではない種や系統を用いる場合にとくに有効な選択肢となる。
索引語精子;外来遺伝子;動物;遺伝子;核;歯;卵;細胞質;導入;ゲノム
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat