家系間におけるアコヤガイPinctada fucata martensiiの閉殻力の差違

家系間におけるアコヤガイPinctada fucata martensiiの閉殻力の差違

レコードナンバー733691論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名岡本 ちひろ
古丸 明
林 政博
ほか2名
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ54巻・ 4号, p.525-529(2006-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (512KB) 
抄録閉殻力への遺伝の関与を明らかにするため由来が異なるアコヤガイ集団(家系)の閉殻力を調査した。その結果、本実験期間を通して閉殻力に違いのある家系が存在することが明らかとなり、閉殻力の弱い家系は閉殻力の強い家系に比べてへい死率が高い傾向が認められた。このことから閉殻力の決定には遺伝的要因が関与している可能性が高いと考えられ、閉殻力を選抜指標とする育種によって高生残系統貝が作出できるのではないかと推察された。
索引語殻;アコヤガイ;遺伝;集団;死;要因;選抜;指標;育種;系統
引用文献数13
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat