田畑輪換田における水稲(Oryza sativa L.)収量変動の要因解明

田畑輪換田における水稲(Oryza sativa L.)収量変動の要因解明

レコードナンバー733762論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名池永 幸子
松本 二香
稲村 達也
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ76巻・ 1号, p.28-36(2007-01)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (1016KB) 
抄録1998年から2003年にかけて、水稲-コムギ-ダイズの2年3作の田畑輪換を行う2つのブロックで栽培されている田畑輪換田水稲と一毛作田の収量および収量構成要素の変動要因を解析した。収量変動は、総穎花数によって支配されており、総穎花数32800個m(-2)までは、穂数と一穂穎花数が収量に強く寄与し、それ以降は登熟歩合、千粒重が収量に強く寄与していた。総穎花数を支配する穂数は栽培体系間およびブロック間で異なる土壌からの窒素発現量の影響を強く受けていた。本試験地では、穂数が輪換田および一毛作田の施肥等栽培管理の重要な対象となりうると考えられ、田畑輪換ブロックおよび一毛作田毎に穂数制御を目的とする栽培管理計画を設計すべきである。
索引語収量;田畑輪換;穂;栽培;水稲;変動;要因;管理;コムギ;ダイズ
引用文献数27
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat