リンドウの育苗法と施肥法の改善,および半促成作型の導入効果

リンドウの育苗法と施肥法の改善,および半促成作型の導入効果

レコードナンバー733970論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014227NACSIS書誌IDAN00231270
著者名高濱 雅幹
藤倉 潤治
藤田 寿雄
ほか6名
書誌名北海道立農業試験場集報
別誌名北海道立農試集報
道農試集報
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Stations
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元北海道立農業試験場
巻号,ページ90号, p.71-75(2006-10)ISSN04410807
全文表示PDFファイル (367KB) 
抄録リンドウ産地の生産安定化を目指して、栽培方法の改善等を検討した。その結果、育苗について、播種前に0℃で10日以上吸水処理したのち覆土せずに播種すると発芽率が向上した。育苗培土はpH5.0-5.4で固相率10%、有効水分保持量30ml/100ml前後の特性のものが適当であった。播種直後は底面給水を実施し、発芽後20日前後を目安に頭上灌水に切り替える。緩効性窒素入り肥料を用いた定植2年目以降の施肥法について、4月および6月にそれぞれ窒素10kg/10a、5kg/10a施肥する。採花後の追肥は不要である。また採花期が遅い品種では6月に追肥量を増やすと切り花品質が向上する。半促成作型により採花が約1ヶ月前進し、収量性や経済性から露地作型より有利である。
索引語育苗;施肥;作型;播種;リンドウ;促成;発芽;窒素;導入;効果
引用文献数6
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat