愛媛県におけるカンキツ幹腐病の発生とPCRによる本病原菌の検出

愛媛県におけるカンキツ幹腐病の発生とPCRによる本病原菌の検出

レコードナンバー734100論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名三好 孝典
小野 泰典
清水 伸一
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ73巻・ 1号, p.9-14(2007-02)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (896KB) 
抄録2000年7月に愛媛県肱川町のユズに、枝幹部にすり鉢状のくぼみを生じて木質部まで褐変して腐り込み、傷害部の表面に黄色で盃状の子のう盤が発生する症状が認められた。その病斑部に発生した子のう盤から単胞子分離された菌株にはユズに対する病原性も認められた。形態観察、培養性状およびrDNAのIS領域を解析した結果、本病原菌をLachnum abnorme (Mon) Haines and Dumonと同定し、本症状を幹腐病と判断した。さらに、本病原菌を含むL.abnormeを7菌株とLachnum属のほかの8種とのIS領域の塩基配列の差に基づいてプライマーLAF(5’-CCACCCGGAAAACAA-3’)とLAR(5’-ACCGAGGCAACCAAG-3’)を設計した。このプライマーの有効性を確認した結果、L. abnorme 7菌株のみで449塩基の産物が増幅された。また、徳島県、高知県および愛媛県の発病枝褐変部分から、磁性シリカビーズを用いてDNAを抽出してPCRを行ったところ、褐変部のみから449塩基の産物が増幅された。本PCR法は培養菌および発病枝からの迅速同定に有用と考えられた。
索引語愛媛県;発生;PCR;病原菌;検出;枝;褐変;表面;症状;胞子
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat