殺虫剤抵抗性解析用DNAマイクロアレイの構築と検証

殺虫剤抵抗性解析用DNAマイクロアレイの構築と検証

レコードナンバー734108論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名Ding M.
Gao Q.
Mo J.
ほか1名
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ32巻・ 1号, p.32-41(2007-02)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (812KB) 
抄録チャバネゴキブリ、シロイチモジヨトウ、イエバエ、アカイエカを含む6種類の昆虫から、殺虫剤抵抗性に関係すると推定される遺伝子とポジティブコントロールの合計646個をPCRにより得た。これらはチトクロームP450、イオンチャンネル、防御関連酵素などの遺伝子であった。すべての標的遺伝子を用いてDNAマイクロアレイを構築した。18種類の標的遺伝子をもつPCRプローブを作成してマイクロアレイのハイブリダイゼイションに関する特異性を検証した。イエバエの感受性株とシペルメトリンおよびマラチオンに対する多剤抵抗性株間の遺伝子発現量の差を解析したところ、抵抗性株では17個の遺伝子が過剰発現していた。この結果から、特にP450のうちCYP4とCYP6ファミリーの遺伝子が抵抗性に重要な役割をもつことが判明した。qR-PCRで検証した17個の遺伝子も同じ傾向を示し、本マイクロアレイが殺虫剤抵抗性の研究に適していると考えられた。
索引語殺虫剤;抵抗性;解析;DNA;遺伝子;PCR;イオン;酵素;感受性;リン
引用文献数33
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat