牛胚移植時における受胚牛の血液生化学的成分の比較

牛胚移植時における受胚牛の血液生化学的成分の比較

レコードナンバー734382論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019580NACSIS書誌IDAN00217021
著者名本多 巌
坂本 秀樹
書誌名福島県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Fukushima Animal Husbandry Experiment Station
発行元福島県畜産試験場
巻号,ページ14号, p.1-3(2006-12)ISSN03876888
全文表示PDFファイル (319KB) 
抄録胚移植における客観的な受胚牛選定の指標を検討するため、胚移植時の血液生化学成分(アンモニア、総コレステロール、尿素窒素、GO、総タンパク、アルブミン/グロブリン比など)と受胎性の比較を行った。その結果、ホルスタイン種および黒毛和種の両品種で不受胎牛の血中アンモニア濃度が高かった。また、判別分析により血中アンモニア濃度の判別点は、ホルスタイン種で123.8μg/dl、黒毛和種で59.9μg/dlであり、胚移植時の指標として活用できることが示唆された。
索引語胚移植;血液;生化学;成分;指標;アンモニア;コレステロール;尿素;窒素;アルブミン
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat