ウシ胚移植における受胚牛へのホルモン製剤投与が受胎率および移植率に及ぼす影響

ウシ胚移植における受胚牛へのホルモン製剤投与が受胎率および移植率に及ぼす影響

レコードナンバー734409論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007587NACSIS書誌IDAN00168764
著者名田頭 明子
藤井 陽一
小川 賀雄
ほか3名
書誌名山口県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi. Live. Res. Inst.
Bull. Zoo. Exp. Stn. Yamaguchi Jap.
山口県畜試研報
Bulletin of the Zootechnical Experiment Station, Prefecture of Yamaguchi, Japan
発行元山口県畜産試験場
巻号,ページ19号, p.21-26(2006-03)ISSN02871262
全文表示PDFファイル (487KB) 
抄録性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)及び胎盤性性腺刺激ホルモン(hCG)の投与時期の違いがウシ胚移植の受胎率及び移植率に及ぼす影響について検討した。試験Iでは胚移植前(発情から6日目)又は胚移植後(発情から14日目)にGnRH10μgを筋肉内投与したが、受胎率の向上効果は認められなかった。試験IIでは胚移植前(発情から6日目)又は胚移植後(発情から14日目)にhCG1500IUを筋肉内投与したところ、受胎率は前者が55.6%、後者が57.1%で、投与時期による差はなかったものの、無投与区(47.1%)より高い傾向がみられた。特に、卵巣及び子宮状態の劣る受胚牛(移植不適牛)での効果が高い傾向がみられた。試験IIIでは胚移植前(発情から5日目)又は胚移植時(発情から7日目)にhCG1500IUを筋肉内投与したところ、受胎率は前者が33.3%、後者が72.7%で、7日目投与区が無投与区(7.7%)と比較して有意に高かった。また、投与区での移植適と不適牛の受胎率はほぼ同等であった。このことから、hCGを活用することにより、受胎率の向上が示唆され、これまで移植不適とされていた牛への移植が可能となり、移植率の向上が期待される。
索引語ウシ;胚移植;ホルモン;製剤;投与;受胎;移植;性腺刺激ホルモン;放出ホルモン;胎盤
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat