飼料イネサイレージ給与による黒毛和種去勢牛肥育に関する研究

飼料イネサイレージ給与による黒毛和種去勢牛肥育に関する研究

レコードナンバー734411論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007587NACSIS書誌IDAN00168764
著者名古澤 剛
西村 隆光
松崎 伸生
ほか6名
書誌名山口県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi. Live. Res. Inst.
Bull. Zoo. Exp. Stn. Yamaguchi Jap.
山口県畜試研報
Bulletin of the Zootechnical Experiment Station, Prefecture of Yamaguchi, Japan
発行元山口県畜産試験場
巻号,ページ19号, p.41-51(2006-03)ISSN02871262
全文表示PDFファイル (1759KB) 
抄録水田飼料作物として飼料イネの利用拡大に資するため、購入粗飼料依存度の高い肥育牛で、飼料イネサイレージの給与技術を検討した。黒毛和種去勢牛肥育において、飼料イネサイレージの肥育前期給与区と全期間給与区では、発育に差はないものの、前期給与区がBMS No.、肉のきめしまり、枝肉単価で優れた。血中ビタミンA濃度は、全期間給与区が前期給与区に比べ高く推移し、両区とも脂肪の色は黄色とならなかった。つぎに、前期給与の有効性を確認するため、一般的な肥育方法(前期乾牧草)との比較試験を実施したところ、発育、枝肉成績、粗収益に差は認められなかった。血中ビタミンA濃度は一般的な肥育方法の方が低く推移した。また、粗飼料の物理的特性を判断する粗飼料価指数は、チモシー乾草に比べ飼料イネサイレージが大きく、飼料イネのβ-カロテン含量は葉部が大部分であり、刈取時期で大きく異なった。以上のことから、飼料イネサイレージの前期給与は、一般的な肥育方法と比べ、増体性、枝肉成績及び経済性に遜色なく、乾牧草の代替えとして応用可能と考えられた。
索引語飼料;イネ;サイレージ;種;去勢;肥育;研究;水田;飼料作物;利用
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat