飼料畑における外来雑草の侵入実態と分布

飼料畑における外来雑草の侵入実態と分布

レコードナンバー734463論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
著者名渡邉 修
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ43巻・ 1-2号, p.1-7(2007-03)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (768KB) 
抄録日本国内への外来雑草の侵入を明らかにする研究の中で、大量の雑草種子が輸入穀物から検出され、輸入飼料が雑草の侵入ルートの一つであることが確実となった。イチビ、ショクヨウガヤツリ、ワルナスビなど飼料畑の強害雑草となっている草種について、栃木県那須地域の20km四方の範囲で、GPSを用いて詳細な分布調査を実施し、分布パターンを解析した。分布パターンは草種によって大きく異なり、イチビとショクヨウガヤツリは農耕地に発生が集中し、アレチウリ、オオオナモミ、ブタクサは50%以上が非農耕地で発生が確認された。GPSデータは外来雑草の今後の分布拡大を地理的スケールで明らかにするためのデータベースとして利用可能であり、侵入植物に対する生物資源や生態系保護のための効率的な取り組みに活用できる。
索引語飼料;畑;雑草;侵入;実態;分布;研究;種子;輸入;穀物
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat