ベトナム農村の所得貧困とその改善方向

ベトナム農村の所得貧困とその改善方向

レコードナンバー734519論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004775NACSIS書誌IDAN00202024
論文副題紅河デルタ・サクソン県地域を事例として
著者名三簾 久夫
堀内 久太郎
書誌名農村研究
別誌名Journal of rural community studies
Nōsonkenkyu
Nōsonkenkyū
発行元東京農業大学農業経済学会→食料・農業・農村経済学会 (121号-)
巻号,ページ104号, p.90-100(2007-03)ISSN03888533
全文表示PDFファイル (386KB) 
抄録ベトナムの1人当たりGNIは430ドル(2002年)で依然として低水準にあり、都市と農村を比較すると農村の方がはるかに所得貧困状態にある。そこで、本稿ではベトナム北部の紅河デルタ地域(ハノイ省サクソン県Bac Son行政村)の農業経営実態調査をもとに農家の所得貧困の現状を分析し、所得貧困の改善方向について検討する。第1に、ベトナム農村の所得貧困の実態と貧困ラインについて整理をする。第2に、農業経営実態調査の分析結果をもとに農業所得の向上について解明する。第3に、農外所得による所得貧困の改善について解明する。結果は、規模に恵まれた農家の場合はVACシステムを活かしつつ養豚に代表される畜産部門の充実による農業所得の増加および兼業による農外所得の増加が所得貧困の改善に大きな役割を果たすことが明らかになった。今後の課題としては高収益農家の事例分析による新たな改善方向の解明や南部メコンデルタ地域を対象とした研究が挙げられよう。
索引語所得;ベトナム;農村;地域;実態;農家;分析;農業経営;調査;農業
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat