Myxococcus xanthusにおけるPirAとScdAタンパク質の機能解析

Myxococcus xanthusにおけるPirAとScdAタンパク質の機能解析

レコードナンバー734712論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013930NACSIS書誌IDAN00038339
著者名木村 義雄
浜中 裕子
書誌名香川大学農学部学術報告
別誌名Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University
Kagawa Daigaku Nôgakubu gakujutsu hôkoku
発行元香川大学農学部
巻号,ページ59巻・ p.79-83(2007-02)ISSN03685128
全文表示PDFファイル (447KB) 
抄録我々はwin-arginineタンパク質輸送(a)システムがM.xanhusにおいて生育や分化における重要なタンパク質をぺリプラズマ画分に輸送していることを報告している。この研究ではaシステムによって輸送されていると推定されたPirin(pirA)とShor-chain dehydrogenase(ScdA)タンパク質をコードしている遺伝子を破壊した変異株を用いてそれらのタンパク質の機能解析を行った。それらの変異株は非浸透圧あるいは浸透圧条件下でも正常な生育がみられ、また、飢餓による分化の誘導により、両変異株は正常な子実体を形成したが、scdA変異株において胞子数は野生株のそれより減少した。pirA変異株における胞子の発芽は非浸透圧あるいは浸透圧条件下において野生株と変化はみられなかった。
索引語タンパク質;変異;浸透圧;輸送;機能;解析;システム;生育;分化;条件
引用文献数22
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat