黒川及び白川の水質

黒川及び白川の水質

レコードナンバー734734論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005436NACSIS書誌IDAN10552485
著者名廣畑 昌章
小笹 康人
書誌名熊本県保健環境科学研究所報 = Annual report of Kumamoto Prefectural Institute of Public Health and Environmental Science
発行元熊本県保健環境科学研究所
巻号,ページ34号, p.50-60(2005-11)ISSN13416480
全文表示PDFファイル (999KB) 
抄録黒川及び白川の本流及び支流の水質について,主要無機イオン成分を中心に調査した。黒川は,Ca-SO4型の水質をもつ幾つかの支流の流入により,Ca-HCO3型からCa-SO4型の水質へと変化するとともにふっ素濃度が環境基準を超過した。一方,白川は,流下に伴いCa-SO4型からCa-HCO3・SO4型の水質へと変化したが,黒川の流入により再度Ca-SO4型へと変化した。両河川とも,その支流の水質は五岳側と外輸山側とで大きく異なり,五岳側の支流により多くの成分が含まれていた。また,一部の支流において,特異な水質を示すとともにふっ素濃度が環境基準を超過していた。
索引語水質;成分;濃度;イオン;河川;支流;Ca-SO4;白川;変化;流入
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat