超臨界流体抽出及びGC/MSによる農産物中残留農薬の迅速分析法の検討(3)

超臨界流体抽出及びGC/MSによる農産物中残留農薬の迅速分析法の検討(3)

レコードナンバー734752論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005436NACSIS書誌IDAN10552485
著者名西名 武士
福島 孝兵
村川 弘
ほか1名
書誌名熊本県保健環境科学研究所報 = Annual report of Kumamoto Prefectural Institute of Public Health and Environmental Science
発行元熊本県保健環境科学研究所
巻号,ページ35号, p.57-63(2006-11)ISSN13416480
全文表示PDFファイル (642KB) 
抄録GC/MSでは測定できない農薬を対象に,LC/MS/MSを用いた超臨界流体抽出法(以下SFE法)の抽出条件の検討を行った結果,アセトン2ml添加時に最も良好な回収率が得られ,203農薬中154農薬について70~120%の回収率が得られた。また,この条件時でのGC/MS対象農薬の添加回収試験を行ったところ,前報1)により報告した「混合リン酸塩及びHXSを使用したSFE法」(以下前法)と同等以上の結果が得られた。以上の結果より,GC/MS及びLC/MS/MSを併用したSFE法により385農薬の迅速分析が可能であった。
索引語農薬;抽出;回収;流体;条件;添加;農産物;残留;混合;分析
引用文献数1
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat