黒毛和種繁殖牛における稲発酵粗飼料の採食性調査(3)

黒毛和種繁殖牛における稲発酵粗飼料の採食性調査(3)

レコードナンバー734829論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007587NACSIS書誌IDAN00168764
著者名元永 利正
佐藤 正道
竹下 和久
書誌名山口県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi. Live. Res. Inst.
Bull. Zoo. Exp. Stn. Yamaguchi Jap.
山口県畜試研報
Bulletin of the Zootechnical Experiment Station, Prefecture of Yamaguchi, Japan
発行元山口県畜産試験場
巻号,ページ20号, p.57-65(2005-03)ISSN02871262
全文表示PDFファイル (759KB) 
抄録稲発酵粗飼料用イネ(クサノホシ)のサイレージ調製形態別の嗜好性は、小型ロールベールサイレージ>ビニール袋サイレージ≒中型ロールベールサイレージの順であった。しかし、中型ロールベールサイレージの採食量は、黒毛和種繁殖牛(500kg)の維持要求量を満たした。稲発酵粗飼料用イネ(クサノホシ)を出穂後20日、30日、40日に収穫し、小型ロールベールサイレージに調製したものを経時的に1年間調査した結果、pHは平均で5.5-6.0程度であった。刈り取り時期が進むにつれ、粗蛋白、粗繊維、低消化性繊維、酸性デタージェント繊維、中性デタージェント繊維、酸性デタージェントリグニンが低く、逆に可溶性無窒素物が高くなる傾向があったが、推定DN量に差は無かった。また、カビの発生や腐敗は認められず、1年間は十分貯蔵が可能であった。稲発酵粗飼料用イネ(クサノホシ)を出穂後30日に収穫し、小型ロールベールサイレージに調製した稲発酵粗飼料を黒毛和種繁殖牛に給与した結果、消化率は、粗蛋白質49.2%、粗脂肪54.5%、可溶性無窒素物56.2%、粗繊維49.7%で、DNは45.3%(乾物中)と日本標準飼料成分表(2001年版)のイネ(乳熟期)サイレージの値とほぼ同程度であった。モミの消化率は、91.0%であった。
索引語サイレージ;発酵;粗飼料;ロールベール;繊維;イネ;種;繁殖;性;調製
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat