ハタケシメジの栽培特性及び成分変化に関する研究

ハタケシメジの栽培特性及び成分変化に関する研究

レコードナンバー734841論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012071NACSIS書誌IDAN1046332X
著者名松本 哲夫
吉野 功
書誌名研究報告
発行元群馬県林業試験場
巻号,ページ10号, p.48-59(2004-03)ISSN09186115
全文表示PDFファイル (2814KB) 
抄録群馬県のハタケシメジ登録品種「群馬GLD-17号」及び「群馬GLD-21号」について、栽培特性に関する試験を行ったところ、以下の結果を得た。1.培養温度について検討したところ、「群馬GLD-17号」は温度20℃において収量が増加し、「群馬GLD-21号」は温度25℃において栽培日数が短縮された。2.培養時の低湿度は、菌糸のまん延や子実体の発生、生育に良い影響を与えるが、高濃度の二酸化炭素は、悪影響を与えるものと考えられた。3.子実体の発生及び生育温度は、18℃が最適であると確認された。4.培養日数毎の成分変化については、一般成分はほとんど変化が無く、ミネラル分は80日で高いものが多く、アミノ酸は60日で高くなっていた。5.2.5kgのブロックで栽培したときの培養日数については、60日前後が最適と考えられた。6.種菌については、菌糸まん延前かまん延直後のものを使用するのが望ましく、保存する場合は、菌糸まん延後直ちに冷蔵し、使用直前までそのまま保存しておくのが望ましいと考えられた。
索引語栽培;培養;温度;成分;菌糸;特性;子実体;発生;生育;研究
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat