温暖地二毛作における水稲の育苗箱内全量施肥によるリン酸、加里無施肥栽培に関する研究

温暖地二毛作における水稲の育苗箱内全量施肥によるリン酸、加里無施肥栽培に関する研究

レコードナンバー740003論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名林 恭弘
東 卓哉
森下 年起
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ7号, p.9-18(2006-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (1033KB) 
抄録和歌山市近郊の水田は県内一の二毛作地域である。この地域では野菜、水稲の両作で3要素による施肥が行われ、リン酸や塩基の集積も認められる。野菜作での残存肥料の有効利用と水田での施肥作業の省力化を図るため、水稲作で育苗箱内全量基肥施肥を用いたリン酸、加里無施肥による栽培法について検討した。1.春どりキャベツ栽培跡土壌を用いた水稲の育苗箱内全量施肥(シグモイド型被覆尿素100日タイプ、窒素40%)では、キャベツ作付け前の牛糞オガクズ堆肥3/10a施用により土壌中の可給態窒素と交換性カリが高まり、有効態リン酸が維持されることから、リン酸と加里の無施肥栽培が継続できる。2.育苗箱内全量施肥により育苗中の葉齢進展が慣行法より早いため、出穂期と成熟期が早まる。3.育苗箱内への資材施肥量は1000g程度を上限とし、出庫直後の温度管理に留意し、健苗育成のため培土量を増やす。
索引語施肥;育苗;リン酸;栽培;水稲;水田;地域;野菜;キャベツ;土壌
引用文献数16
登録日2011年02月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat