ウーロン茶抽出滓を利用した土壌中硝酸態窒素の低減に関する研究

ウーロン茶抽出滓を利用した土壌中硝酸態窒素の低減に関する研究

レコードナンバー740005論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名森下 年起
薮野 佳寿郎
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ7号, p.35-44(2006-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (853KB) 
抄録ウーロン茶滓を利用した土壌中硝酸態窒素の低減メカニズム及びウーロン茶滓の窒素取り込み能力を検討するとともに、ウーロン茶以外の茶滓類についても窒素取り込み能力を評価した。1.土壌中硝酸態窒素は、ウーロン茶滓を添加すると土壌水分が最大容水量の60%では有機化、最大容水量では有機化及び脱窒により減少した。硝酸態窒素5mgを低減する茶滓量は、最大容水量の60%では乾物1g、最大容水量では0.1gであった。2.ウーロン茶滓は、施設土壌における過剰な硝酸態窒素の低減資材として利用でき、土壌水分が最大容水量の60%程度であれば、ウーロン茶滓施用後に残存する硝酸態窒素は基肥として、ウーロン茶滓に取り込まれた窒素は追肥の代替として肥効が期待できる。3.茶滓類の硝酸態窒素取り込み量は、ほぼ同等で炭素1g当たり12mgである。取り込まれた窒素の無機化量はほぼ同等であるが、全窒素及び熱水可溶性窒素が多い煎茶及び紅茶滓等では、茶滓由来の窒素無機化量が多く土壌中無機態窒素の回復は早い。両茶滓は、土壌中硝酸態窒素の低減に利用するのではなく、有機質肥料的な利用法が適すると考えられた。
索引語窒素;硝酸;土壌;水量;利用;茶;能力;土壌水分;無機化;抽出
引用文献数19
登録日2011年02月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat