花卉栽培における石油小型給湯器を用いた熱水土壌消毒

花卉栽培における石油小型給湯器を用いた熱水土壌消毒

レコードナンバー740006論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
著者名萩平 淳也
増田 吉彦
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ7号, p.45-53(2006-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (1363KB) 
抄録和歌山県花卉産地の多くの小規模圃場に適用しやすい、石油小型給湯器を用いた栽培畦に対するドリップチューブによる熱水土壌消毒法について検討した。1.本法による熱水土壌消毒は出湯量が限られるため、出湯温は給湯口からの距離、周囲の温度に影響受ける。しかし、給湯前の散水処理、トンネル二重被覆、施設太陽熱の併用、ドリップチューブの埋設等の工夫をすることにより、土壌病害虫の防除に有効な地温を確保できた。2.本処理法はキクのネグサレセンチュウ、トルコギキョウ根腐病に高い防除効果を示した。また、トルコギキョウでは2番花採花期においてもトルコギキョウ立枯病に対する効果が持続した。3.難防除の細菌性土壌病害であるスターチス萎凋細菌病に対して、熱水の処理温度上昇のため必ず被覆状態で処理し、また再汚染対策を防止する等の対策が必要と考えられた。
索引語処理;土壌消毒;防除;トルコギキョウ;花卉;栽培;石油;温度;被覆;効果
引用文献数7
登録日2011年02月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat