ハウスイチジクのコンテナ栽培における全量基肥施肥法

ハウスイチジクのコンテナ栽培における全量基肥施肥法

レコードナンバー740073論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名鬼頭 郁代
成田 秋義
高瀬 輔久
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ38号, p.81-86(2006-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (668KB) 
抄録ハウスイチジクのコンテナ栽培において施肥の省力化を図るため、窒素肥料として被覆尿素肥料を用いた配合肥料による全量基肥栽培を検討した。窒素肥料としてLP50とLPS100を2:3の割合で混合した地植えのハウスイチジク用配合肥料(N:P2O5:K2O=14:7:7)を、全量基肥として加温時に1回施用した。1樹当たりの施用量を窒素成分で40gとすることで、IB化成の分施による慣行栽培と同等の結果枝の生育及び果実収量が得られた。これにより、窒素施肥量は慣行栽培の3分の2に削減でき、施肥回数は7回から1回となった。また、この施肥管理を3年間継続したが、極端な樹勢の低下や果実収量の低下はみられなかった。以上のことから、地植えのハウスイチジク用の全量基肥肥料はコンテナ栽培にも適応可能であると判断され、本施肥法は窒素施肥量及び労力の削減につながる。
索引語栽培;施肥;イチジク;窒素;窒素肥料;肥料;施用;果実;収量;施肥量
引用文献数12
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat