新規培養法を用いたキク無病苗育成における順化前後の低温が生育開花に及ぼす影響と変異の検定

新規培養法を用いたキク無病苗育成における順化前後の低温が生育開花に及ぼす影響と変異の検定

レコードナンバー740077論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名堀田 真紀子
長谷川 徹
大石 一史
ほか2名
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ38号, p.109-114(2006-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (980KB) 
抄録葉原基を含まない茎頂分裂組織をキャベツ根へ移植する新規培養法を用いた一輪ギク「神馬」及び「岩の白扇」の無病苗育成において、順化前後の低温遭遇が生育及び開花に及ぼす影響を検討し、変異の検定を行った。1.新規培養法により育成した株は、低温に遭遇しないと開花が遅れ、茎長が短くなった。順化後に4℃4週間の低温に遭遇させると、開花促進、茎の伸長促進効果が認められたが、その効果は冬期の自然低温より小さかった。自然低温に遭遇させた場合には、非培養株と同程度の生育・開花が認められた。2.「神馬」では、新規培養法により作出された15系統の開花期、茎長、節数、切花重、花径及び小花数等について系統間でばらつきがみられたが、非培養株と有意差がみられず、変異は確認されなかった。3.「岩の白扇」では、新規培養法により作出された12系統のうち8系統で変異が確認された。うち2系統では、茎の伸長遅延、管状花の消失といった大きな変異であった。他の系統では、開花期等で栽培上問題とならない変異が確認された。したがって、新規培養法を用いたキク無病苗の育成法では、順化後に十分な低温に遭遇させて生育及び開花の変異検定を行うことで、優良苗が育成できると考えられる。
索引語培養;低温;開花;変異;系統;育成;苗;生育;茎;検定
引用文献数7
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat