バラのレベリング仕立てにおける彩花母枝の長さと勾配が切り花収量・品質に及ぼす影響

バラのレベリング仕立てにおける彩花母枝の長さと勾配が切り花収量・品質に及ぼす影響

レコードナンバー740082論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名松本 智恵子
加藤 俊博
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ38号, p.139-146(2006-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (1090KB) 
抄録バラ切り花のレベリング仕立てにおいてホームユース用の60cm級、一定規格の切り花を多数生産することを目的に、採花母枝の長さと勾配が切り花収量・品質に及ぼす影響を検討した。供試品種には「ローテローゼ」を用いた。採花母枝が水平の場合、採花母枝が長いと収量は多くなるが細い切り花の割合が多くなり、採花母技が短いと増収程度が低くなった。株元が低くなるように採花母枝に勾配をつけると収量はより多くなった。また、株元からの萌芽数は減って採花母枝から発生する切り花が多くなり品質の揃った切り花が多くなった。以上の結果、レベリング仕立てでは、採花母枝の長さや勾配を変えることにより収量や品質を制御できることが示唆された。ホームユース用の切り花生産には、採花母枝を2本とした場合、母枝の長さを20cmとし株元が低くなるように採花母枝に15°程度の勾配をつける仕立て法が最も適していた。
索引語枝;切り花;収量;長さ;品質;バラ;生産;規格;種;水平
引用文献数10
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat