畜産浄化槽処理水に対する各種資材の吸着能力調査

畜産浄化槽処理水に対する各種資材の吸着能力調査

レコードナンバー740088論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名鈴木 良地
増田 達明
中谷 洋
ほか2名
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ38号, p.181-185(2006-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (636KB) 
抄録畜産浄化槽処理水の脱窒素、脱リン、脱色等の高度処理を目的として、10種類の資材の粉砕物について、三角フラスコを用いた吸着試験を行った。1.赤玉土及び鹿沼土は、全リン(以下、-P)及び色度の吸着能力が非常に高く、さらにCOD(Mn)を低下させたが、全窒素(以下、-N)の吸着効果は確認されなかった。2.活性炭は-Nをある程度吸着したが、その効果は低かった。また、-Pの吸着能力も低かったが、色度及びCOD(Mn)の吸着能力は供試資材中で最も高かった。3.浄水ケーキは-P及び色度の吸着能力が高かったが、-Nは吸着せず、COD(Mn)の濃度を逆に増加させた。また、使用後の安全性の確認が必要と思われた。以上のことから、資材としての有効性を総合的に評価したところ、赤玉土が最も優れており、鹿沼土もそれに準じた。
索引語吸着;能力;資材;処理;土;色;COD;畜産;水;窒素
引用文献数11
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat