高吸収水性樹脂の添加が牛ふんの堆肥化に及ぼす影響

高吸収水性樹脂の添加が牛ふんの堆肥化に及ぼす影響

レコードナンバー740089論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名勝野 伸吾
中谷 洋
増田 達明
ほか2名
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ38号, p.187-191(2006-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (553KB) 
抄録高水分の乳牛ふんの堆肥化において、副資材に加えて高吸水性樹脂(以下ゲル)を添加した場合の発酵特性について調査した。乳牛ふん尿混合物に容積比で70%のオガクズを加え、さらにゲルを重量比で1区0%、2区0.4%、3区0.8%、4区0.4%(粉砕)の割合で混合した4つの試験区を設定し、4ヵ月間の堆肥化試験を行った。試験の結果、ゲルの添加により発酵初期の温度上昇が早まる傾向にあった。また添加量の増加や粉砕処理により水分の吸収量を増やすことで、その効果も大きくなった。しかし効果が見られたのは試験開始時から3日目までで、その後は試験区間に差はなかった。また、ゲルの添加による理化学性への影響や発芽阻害は見られなかった。以上のことからゲルの添加は堆肥化初期の温度上昇を早めるが、物理性を改善する効果が小さいため、堆肥化期間の短縮には影響せず、効果も短期間であった。
索引語添加;堆肥化;ゲル;効果;吸収;樹脂;水分;乳牛;性;発酵
引用文献数7
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat