信州大学演習林における炭素蓄積量および炭素吸収量の試算

信州大学演習林における炭素蓄積量および炭素吸収量の試算

レコードナンバー740210論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010647NACSIS書誌IDAA11845727
著者名小林 元
荒瀬 輝夫
木下 渉
ほか3名
書誌名信州大学農学部AFC報告
別誌名Bulletin Shinshu University Alpine Field Center
信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター報告
発行元信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
巻号,ページ5号, p.133-135(2007-03)ISSN13487892
全文表示PDFファイル (310KB) 
抄録信州大学演習林の炭素蓄積量と吸収量を森林簿の値を用いて試算した。信州大学の4ステーションと1試験地における2003年の総蓄材量と成長量は、それぞれ123108m3と1557m3で、これによって蓄積される炭素量は41045ton、1年間で吸収される炭素量は515tonであった。この値を二酸化炭素量に換算すると、それぞれ150498tonと1889tonとなった。信州大学演習林の土地面積あたりの炭素吸収量は1.00ton/haで、全国と比べて1割弱低い値であった。信州大学が化石燃料の使用によって2003年の1年間で排出した二酸化炭素量は農学部では1820ton、大学全体では36614tonで、農学部内での二酸化炭素の吸排出量はほぼ均衡状態にあった。また、演習林の森林で信州大学全体の年間二酸化炭素排出量の5.2%を吸収していたことが明らかになった。
索引語炭素;吸収;二酸化炭素;蓄積;森林;土地;面積;化石;燃料;大学
引用文献数7
登録日2010年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat