大阪湾・播磨灘におけるマコガレイに生殖腺体脂肪,肥満度および比肝重値の季節変化

大阪湾・播磨灘におけるマコガレイに生殖腺体脂肪,肥満度および比肝重値の季節変化

レコードナンバー740234論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名反田 實
中村 行延
岡本 繁好
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ55巻・ 1号, p.91-96(2007-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (753KB) 
抄録大阪湾・播磨灘において底びき網で漁獲されたマコガレイの生殖腺体指数(GSI)、比肝重値(HSI)および肥満度の季節変化を調べた。1980年代後半(1986年7月~1989年1月)と2000年代初頭(1998年6月~2001年1月)では、平均的なGSIおよび肥満度の季節変化に顕著な違いは認められなかった。この結果から、大阪湾・播磨灘のマコガレイの生活年周期に両年代間で大きな変化はないと考えられた。肥満度の推移から産卵後の魚体の回復に雌雄とも約4ヶ月を要すると推察され、生活年周期はRecovering(Feb.-May)、Immature&Matureing(Jun.-Nov.)およびSpawning(Dec.-Jan.)の3区分が妥当と考えられた。同一年級群(1986年級)のHSIを詳しく追跡した結果、雌では産卵期に先行してHSIの増加現象がみられたが、雄ではみられなかった。また、生殖腺も含めた魚体全体の肥満度が産卵期に雌雄とも一時的に増加する現象が認められた。
索引語肥満;生殖;季節変化;年;生活;周期;産卵期;脂肪;網;雌
引用文献数18
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat