渡良瀬川水系の農業水路におけるカラドジョウとドジョウの出現様式と食性

渡良瀬川水系の農業水路におけるカラドジョウとドジョウの出現様式と食性

レコードナンバー740237論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名加納 光樹
斉藤 秀生
渕上 聡子
今村 彰伸
今井 仁
多紀 保彦
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ55巻・ 1号, p.109-114(2007-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (619KB) 
抄録2005年1月から2006年1月にかけて、渡良瀬川水系の水田周辺にある排水路において、カラドジョウとドジョウの出現様式と食性を調査した。調査期間中に採集されたカラドジョウは171個体(体長27~115mm)、ドジョウは3023個体(体長25~149mm)であった。カラドジョウは7月にだけ出現したのに対し、ドジョウは調査期間を通じて出現した。カラドジョウとドジョウの共存時期において、両種の主要な餌はともにカイミジンコ類、水生昆虫の幼虫、ホウネンエビであった。どちらの種でも体長30mm未満ではカイミジンコ類を食べていたが、体長30mm以上になると水生昆虫の幼虫やホウネンエビなども食べるようになった。同じ体長階級ごとに胃内容物組成についてSchoenerの重複度指数を算出したところ、0.69~0.90の高い値が示され、両種が同所的に出現したときの餌資源分割が明瞭ではないことがわかった。
索引語出現;体長;調査;種;様式;食性;個体;水生;幼虫;農業
引用文献数25
登録日2011年07月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat