WTO体制下における唐津市の大規模稲作経営の展開と課題

WTO体制下における唐津市の大規模稲作経営の展開と課題

レコードナンバー740336論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011531NACSIS書誌IDAA11863117
著者名椿 真一
書誌名Coastal bioenvironment
発行元佐賀大学海浜台地生物環境研究センター
巻号,ページ8巻・ p.27-34(2006-12)ISSN13487175
全文表示PDFファイル (881KB) 
抄録WTO交渉の帰結次第では、米価はいっそう下落することが予想される。佐賀県では品目横断的経営安定対策の影響は、現時点ではそれほど大きくはないと考えられる。しかし、米についても同対策に組み込まれることになれば、大規模稲作経営にとってはそれへの加入が経営展開にとって必要条件となる。唐津市の大規模農家の調査から明らかになったことは、規模拡大に制約条件があるため、面的拡大よりも園芸など集約部門の維持が必要であることである。さらに、米の個別販売を行ってはいるが、品目横断政策への加入が求められることである。
索引語経営;稲作;展開;対策;佐賀県;農家;調査;規模;条件;園芸
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat