有効積算温度によるクワシロカイガラムシのふ化最盛日予測法の検証

有効積算温度によるクワシロカイガラムシのふ化最盛日予測法の検証

レコードナンバー740353論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007104NACSIS書誌IDAN00102711
著者名小澤 朗人
久保田 栄
書誌名静岡県茶業試験場研究報告 = Bulletin of the Shizuoka Tea Experiment Station
別誌名Bulletin of Shizuoka Tea Experiment Station
発行元静岡県茶業試験場
巻号,ページ25号, p.23-31(2006-03)ISSN03889114
全文表示PDFファイル (992KB) 
抄録有効積算温度を用いたクワシロカイガラムシのふ化最盛日予測法について、予測値と実測値との適合性をアメダスの気温データと場内ほ場におけるカイガラムシのふ化状況のデータを使って検証した。その結果、1月1日からの有効積算温度687日度(発育零点10.5℃)に達した日を第1世代幼虫のふ化最盛推定日とすると、推定日は実測日とおおよそ1日程度の誤差でよく一致した。前世代のふ化最盛日を起点として、有効積算温度688日度(発育零点10.8℃)に達した日を第2および第3世代幼虫のふ化最盛推定日とした場合、30℃以上で発育が高温抑制されると仮定すると、推定日と実測日はおおよそ1日程度の誤差でよく一致した。従って、有効積算温度によるクワシロカイガラムシのふ化最盛日の予測法は、実測値との適合性が高く、実用性は高い。
索引語積算温度;予測;推定;発育;性;データ;幼虫;誤差;気温;カイガラムシ
引用文献数15
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat