BSEスクリーニング検査における再検査の発生要因の分析と偽反応の防止対策

BSEスクリーニング検査における再検査の発生要因の分析と偽反応の防止対策

レコードナンバー740384論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名今村 安孝
前渕 恭子
松本 一俊
ほか1名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 2号, p.153-157(2007-02)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (487KB) 
抄録2001年から5年間、熊本県では2つの検査キットを使用し、牛120428頭のBSEスクリーニング検査を実施した。その結果166頭の再検査を実施、1頭が感染牛、残りは再検査で正常値を示し偽反応であった。プラテリアの場合、偽反応発生率は0.11%(117/109149頭)であり、プレートにおけるOD値のバラツキが大きいときにみられた。また、検体を高温に曝すとOD値が上昇したことから、偽反応の防止には、延髄乳剤の高温暴露を避けることが重要と考えられた。いっぽう、エンファーの偽反応発生率は、0.42%(47/11279頭)であり、複数のプレートを使用する検査所で多発し、二重測定の一方のLu値が高くなった。しかし、この偽反応はプレート洗浄工程の改良や基質液の酸化防止措置等により改善された。以上の成果は、円滑なBSEスクリーニング検査に役立つものと思われた。
索引語検査;反応;防止;高温;発生;要因;分析;対策;熊本県;感染
引用文献数5
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat