野鳥のコリンエステラーゼ阻害剤中毒

野鳥のコリンエステラーゼ阻害剤中毒

レコードナンバー740385論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名清宮 幸男
古川 岳大
高橋 真紀
ほか4名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 3号, p.191-195(2007-03)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (851KB) 
抄録2004年から2006年までの春季に岩手県内で死亡した7事例43羽の野鳥(カラスおよびシメ属)を病理学的、毒物学的および病原学的に検索した。病鳥は縮瞳および流涙を示した。病変は肺、腎臓、肝臓および眼球脈絡膜における顕著な鬱血、中毒性急性尿細管壊死ならびに消化管の粘液腺上皮細胞の分泌亢進により特徴づけられた。5事例の鳥の筋胃内容から有機リン剤、2事例のそれらからカーバメート剤が示唆される物質が検出された。病鳥から赤血球凝集ウイルスおよび有意な細菌は分離されなかった。得られた成績から、本症を検出された化学物質による中毒と診断した。
索引語中毒;物質;岩手県;属;病原;病変;肺;膜;性;尿
引用文献数21
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat