タイラギの移植試験

タイラギの移植試験

レコードナンバー740429論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名吉田 幹英
伊藤 輝昭
筑紫 康博
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ17号, p.1-5(2007-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (450KB) 
抄録1)大牟田沖合漁場及び柳川干潟漁場の各漁場における沖合産、干潟産貝の生残状況には、差が認められないことから干潟産と沖合産貝には、活力の差がないことが認められた。2)大牟田沖合産貝を干潟漁場に移植すると12月まで生残が認められたが、沖合漁場では生残しなかったことから干潟漁場が何らかの点で環境的に優れていると考えられる。3)瀬戸内海産タイラギの生残率は、有明海産タイラギに比較して高く、大牟田沖合漁場での移植試験では有明海産のタイラギが斃死した時にも生残が認められたことから、瀬戸内海産は有明海産に比べ環境耐性が高いと考えられた。4)大牟田沖合漁場と柳川干潟漁場で酸素飽和度、水温、塩分を’04年春季に比較したが、大牟田沖合では各項目とも比較的安定して推移するのに比べ、干潟漁場は酸素飽和度は沖合漁場よりも高め傾向で、水温、塩分は干潮、満潮時の潮汐変動による振幅が大きい傾向にあった。
索引語漁場;干潟;移植;環境;酸素;水温;塩分;耐性;潮汐;変動
引用文献数8
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat