しいら漬け漁業実態およびヒラマサ漁獲変動と海水温との関係

しいら漬け漁業実態およびヒラマサ漁獲変動と海水温との関係

レコードナンバー740433論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名上田 拓
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ17号, p.29-36(2007-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (747KB) 
抄録1)しいら漬けにおけるヒラマサの重要度は高く、’98年-’05年の全漁獲金額に占める割合はシイラの23%を越え、67%にも及ぶ。2)1976年以降の本県のしいら漬け漁業による漁獲状況には、’78年から’82年、’89年から’90年、95年以降の3期の好漁期が存在している。3)’76年から’05年の5-7月CPUEと前年5月-翌年4月までの12ヶ月間平均水温は、若干のずれは有るがおおむね傾向が一致し、平均水温が高い期間は5-7月CPUEも高くなり、平均水温が低くなると、CPUEも低位になる傾向があった。4)’76年から’05年では、前年5月-翌年4月までの12ヶ月間平均水温が高い時には、本県海域での漁獲が早まり、5月に漁獲の中心が移っていくことが示唆された。5)’93年から’05年では4-7月にかけての水温が高い時に漁獲量、CPUEが高くなる傾向が見られた。6)5-7月ヒラマサ漁獲量()をY1、CPUEをY2、4月水温(℃)X1、5月と4月の水温差(℃)をX2として次の2式が得られた。Y1=99.21X1-74.95X2-1289.5・・・・式1。Y2=0.53X1-0.65X2-6.39・・・・式2。
索引語水温;漁獲;漁業;実態;変動;海域;CPUE;平均;しいら;ヒラマサ
引用文献数8
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat