極低ポリフェノールビール大麦育成系統の品質および農業特性

極低ポリフェノールビール大麦育成系統の品質および農業特性

レコードナンバー740535論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010304NACSIS書誌IDAN00173902
著者名長嶺 敬
山口 恵美子
大関 美香
関和 孝博
渡邊 修孝
渡辺 浩久
大野 かおり
粂川 伸晃
望月 哲也
河田 尚之
加藤 常夫
書誌名栃木県農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Tochigi Agricultural Experiment Station
発行元栃木県農業試験場
巻号,ページ58号, p.79-86(2007-02)ISSN03889270
外部リンク
全文表示PDFファイル (663KB) 
抄録ビールの濁りや食用麦の加熱後褐変等の原因物質であるポリフェノール類の低減は大麦の重要な品質育種目標であり、極低ポリフェノール品種の育成が求められている。筆者らは、極低ポリフェノール性をもたらすプロアントシアニジンフリー遺伝子an13、an17あるいはan28を導入した極低ポリフェノール系統を育成し、その品質及び農業特性について検討した。いずれの系統もan遺伝子源となった原系統に比べて品質、農業特性とも改良されており、とくにan28を有する大系HL107、HL112は麦芽品質、農業特性ともミカモゴールデンに準ずるレベルに達しており、同じくan28を有する大系HL106、109は精麦特性が優れ、加熱後褐変も抑制できる系統であった。ただし、極低ポリフェノール育成系統はいずれも耐穂発芽性が劣るため、軽度の穂麦芽による麦芽品質あるいは種子としての発芽特性に対する悪影響の危険があることが推察され、今後の極低ポリフェノール大麦の育種では耐穂発芽性の強化が重要であると考えられた。
索引語ポリフェノール;系統;特性;品質;育成;農業;性;褐変;育種;遺伝子
引用文献数6
登録日2011年02月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat