秋播性コムギの冬期播種栽培がコムギの加工品質に及ぼす影響

秋播性コムギの冬期播種栽培がコムギの加工品質に及ぼす影響

レコードナンバー740543論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名荻内 謙吾
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ76巻・ 2号, p.226-231(2007-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (685KB) 
抄録秋播性コムギ(品種「ナンブコムギ」、「ゆきちから」)を根雪前に播種する冬期播種栽培が、アミログラム特性や製粉性、60%粉特性、製パン性、製麺性等の加工品質に及ぼす影響について調査し、秋播栽培したものと比較検討した。試験区は二つの異なる栽培法として、12月中旬-下旬播種の冬期播種栽培区(以下、冬期区という)と10月上旬播種の秋播栽培区(以下、秋播区という)を設置した。冬期区と秋播区で、子実の外観品質やアミログラム最高粘度に有意な差はみられなかった。冬期区は秋播区よりも成熟期が3-5日遅くなるものの、多雨条件となる前の7月上旬の収穫が可能であり、熟期の遅れによる降雨の品質への影響を回避できた。冬期区は秋播区に比べて千粒重が軽かったが、容積重は秋播区と同等以上であり、製粉特性や粉の色相、ファリノグラム特性値は両区で有意な差がみられなかった。また、原粒の灰分含有率は冬期区が秋播区よりも低く、タンパク質含有率は統計的に有意ではないものの冬期区が秋播区と同等ないし高い傾向であった。製パン特性やゆで麺特性は統計的な差は認められなかったが、「ゆきちから」では冬期区のパン体積やパンの合計点が秋播区を上回った。冬期区のタンパク質含有率の向上は、冬期区の施肥レベルが秋播区に比べて高いことに起因し、それが製パン性の向上につながったものと考えられた。以上のことから、秋播性コムギの冬期播種栽培は、慣行の秋播栽培と比較して生育相が大きく異なるものの、子実の外観品質のみならず、アミログラム特性や製粉性、製パン性、製麺性といった加工品質も慣行の秋播栽培と同等以上を確保できると判断された。
索引語栽培;播種;特性;性;品質;パン;コムギ;加工;アミログラム;製粉
引用文献数20
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat