水稲における登熟性の品種間差に関する研究

水稲における登熟性の品種間差に関する研究

レコードナンバー740548論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
論文副題登熟に及ぼす穂首節間維管束面積と炭水化物転流量の影響
著者名塩津 文隆
豊田 正範
劉 建
ほか1名
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ76巻・ 2号, p.262-272(2007-04)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (1245KB) 
抄録穂首節間維管束の大きさと炭水化物の転流量が水稲の登熟に及ぼす影響について、印度型および日印交雑型の多収性品種と日本型品種を供試して比較した。籾全体の登熟歩合(R)、1次枝梗籾の登熟歩合(R1)、2次枝梗籾の登熟歩合(R2)の平均値は、ともに多収性品種の方が日本型品種よりも低かった。そこで、出穂期から成熟期までの籾当たり炭水化物増加量(ΔC/N)および稈+葉鞘中の炭水化物減少量(/N)と登熟歩合との関係を品種群別に検討したところ、多収性品種では/NとR、R1およびR2との間に有意な正の相関関係が認められた。また、多収性品種の/Nは籾当たり大維管束面積(Vb/N)と有意な正の相関を示した。一方、日本型品種においては、これらの間に有意な相関関係は認められなかった。さらに枝梗別籾の登熟歩合に対する重回帰分析の結果、多収性品種のR2にはVb/Nが強く寄与していることが判明した。これらより、多収性品種ではVb/Nが大きい品種ほど/Nが多くなり、とくにR2の上昇を通じて全体の登熟歩合の向上に貢献すると考えられた。しかし、日本型品種における炭水化物の転流には維管束以外の要因も関与しているため、維管束の大きさは登熟の良否に直接影響しないと推測された。
索引語品種;登熟;性;多収;維管束;炭水化物;日本;転流;水稲;穂
引用文献数22
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat