セリシン抽出のための笹繭繭層の微粉末化

セリシン抽出のための笹繭繭層の微粉末化

レコードナンバー740620論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003601NACSIS書誌IDAA1158833X
著者名栗岡 聡
山崎 昌良
近 達也
書誌名大日本蚕糸会研究報告
別誌名Journal of Dainippon Silk Foundation
大日本蚕糸会研究報告
発行元大日本蚕糸会
巻号,ページ54号, p.27-31(2006-12)ISSN
全文表示PDFファイル (1554KB) 
抄録笹繭セリシン粉末はフラボノールによる機能性が高いことから、既存の白繭セリシン粉末との差別化が可能な素材として化粧品や食品分野で利用されている。しかし、繭層の嵩高性は抽出効率を低下させ、笹繭セリシン粉末の製造コストを上げる要因のひとつとなっている。そこで、繭層容積を減らす前処理として、粉砕方式が異なるスウィング式とロータリー式の2種類の粉砕機で繭層を細断した結果、前者は処理能に優れているため食品原料向きであり、後者は笹繭の天然色を活かした原料供給が可能なため、化粧品原料製造に適していることが明らかになった。また、湿式摩砕機を用いて笹繭全繭層の摩砕処理を繰り返したところ、数十μmの微粉末の生成がSEMで確認された。
索引語繭;セリシン;原料;抽出;食品;処理;差別化;素材;性;効率
引用文献数3
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat