根面に棲息する硝化細菌

根面に棲息する硝化細菌

レコードナンバー740685論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016779NACSIS書誌IDAN00352796
著者名佐藤 一朗
高橋 令二
徳山 龍明
書誌名土と微生物
別誌名Soil microorganisms
発行元土壌微生物研究会
巻号,ページ61巻・ 1号, p.49-53(2007-04)ISSN09122184
全文表示PDFファイル (689KB) 
抄録硝化細菌(アンモニア酸化菌、亜硝酸酸化菌)は土壌や水圏などに普遍的に存在し、窒素循環において欠かせない微生物である。硝化細菌はかつて窒素肥料を流亡させる有害な微生物とされていた。そのため硝化抑制が注目され、硝化を抑制する植物の探索が行われた。近年、汚水浄化はもちろん家畜排泄物の堆肥化の過程で発生するアンモニアの脱臭においても硝化細菌が利用されるようになり、多様性の解析、分離菌株の獲得およびその効率化が行われるようになった。一方、湖沼に繁殖するヨシなどの水棲植物の根面にはアンモニア酸化菌が棲息し、汚水浄化に重要な役割を果たしていることが分子生物学的手法や培養法によって明らかにされた。イネ科植物は硝化を抑制することが報告されていたが、顕微鏡観察ではイネ根面の細菌相の10%以上がアンモニア酸化菌で占められていたことが報告されており、水稲根面から硝化細菌の純粋分離菌株が得られたことも報告されている。オオムギ根面から分離した亜硝酸酸化菌(Nitrobacter sp.PJN1株)は宿主であるオオムギ根の分泌物で生育が顕著に促進されることが認められ、植物根と親和性の高い硝化細菌の存在が明らかになった。
索引語硝化;根;細菌;酸化;アンモニア;植物;抑制;分離;亜硝酸;微生物
引用文献数28
登録日2010年04月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat