火傷病発生国における本病防除の現行法と新規法開発のアプローチ

火傷病発生国における本病防除の現行法と新規法開発のアプローチ

レコードナンバー740749論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011205NACSIS書誌IDAA11651673
著者名佐々木 厚子
島根 孝典
書誌名果樹研究所研究報告 = Bulletin of the National Institute of Fruit Tree Science
別誌名Bulletin of the NARO Institute of Fruit Tree Science
Bull. Natl. Inst. Fruit Tree Sci
果樹研報
発行元農業技術研究機構果樹研究所
巻号,ページ6号, p.1-9(2007-03)ISSN13473549
全文表示PDFファイル (462KB) 
抄録火傷病の防除法として銅剤と抗生物質の薬効及び散布適期,抗生物質耐性火傷病菌とその遺伝的解析,生物的防除で用いられている細菌とその効果,植物側の抵抗性を助長して火傷病抵抗性を付与する植物生育抑制剤とSAR誘導剤について概説した。
索引語防除;抗生物質;植物;抵抗性;発生;開発;銅;薬効;散布;耐性
引用文献数64
登録日2010年06月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat